独身男性応援ブログ♪

       恋愛・婚活・結婚・良縁・独身男性に向けた応援プロジェクト!

MENU

【恋愛】豚もおだてりゃ木に登る極意は、恋愛にも応用できるので活用すべき事項です♪

初対面の女性に面と向かって「ブス」と言ったことがありますか?

言ったことがある男性は・・・アウト!(そうそう言える言葉でもありませんが)

人は自分のことを認められたいと思う自己肯定欲求があり、誰もが褒められ認められることで快感を得て認めてくれた相手に好意を抱くので、ブスだなんて言おうものなら貴方の事も全否定されてしまいます。

貴方は彼女を貶したりせず褒めなければならないのです。

たまに自己肯定感の乏しさから自分に自信がなく内向的な女性もいますが、そんな女性こそ褒めて自己肯定欲求を満足させてあげた方が、彼女は自信を取り戻し良い結果になります。

貴方が彼女を褒めることで、彼女は貴方の事を良き理解者と思い二人の距離も縮まり親密になれるし、貴方が彼女を褒めることにデメリットなどありません。恋愛を大成させるには彼女を褒めるに限ります。

褒める
 

しかし、出会ってすぐ相手の性格など分かりもしないのだから、つい表面的に見える部分を安易に褒めがちになってしまいますが、それは間違いです。

「美人だね」「綺麗な肌だね」「艶々の髪だね」なんて初対面の男性に言われても、本当に美人で綺麗な肌で艶々の髪の女性であれば、もう嫌と言うほど褒められてきたセリフで聞き飽きているし、美人でもなく肌も綺麗でなくゴワゴワした髪の女性であれば、皮肉にしか受け取って貰えないので、なるべく他人が褒めない部分を褒めてあげた方がいいわけです。

初対面の女性を最初に褒めるのであれば、彼女の持ち物を褒めるのが無難で、変わったデザインのバックルがついた鞄を彼女が持っていたら「良い感じのバックルが付いてるけど、珍しいよね。どこのバッグなの?」「何処で買ったの海外とか?」と彼女が選ぶ持ち回り品のセンスを遠回しに褒めた方が貴方の好感度は上がります。

それで最悪「別れた彼氏に貰った」なんて言われても「センスの良い彼氏だったんだ」なんて前彼のこともついでに褒めてしまう。

そこで彼女が「最悪の彼だったんだけどね。物に罪はないから・・・」なんて答えたら笑ってあげればいいんです。

褒めることで、二人の話題は拡がるし彼女は心を開き貴方の評価も株もあがる。

靴でもスカートでも、アクセサリーも彼女が身につけている物を褒めることで「センスいいよね」と言っていることになるから彼女の自己肯定感は満足するんです。

たとえ変な靴だと貴方が思っても貶したり否定してはダメ。

女性が身につけている服やアクセサリーは、彼女が好きこのんで身につけている物であるから他人には分からない拘りの品であることが多く、大好きだったお婆ちゃんの形見であっても、お婆ちゃんの思い出に彼女は拘って身につけている。

人は自分の嗜好とセンスに合わないものを身につけることは、まずありません。彼女のことを何も知らなくても褒めることができ、間違っても彼女の機嫌を損なうこともなく、彼女が身につけている物を褒めれば、彼女のセンスを褒めたことになるんです。

 

褒めた相手が「そんなことないよ」「こんなの安物だし」とか否定してくる事があるが、そこで貴方は褒めることをやめてはいけない。

「いやいや、それ最高だよ」「似合っているよ」と更に褒めなければ、褒めた効果が薄れるどころか、微妙な空気が流れシラケタりするから注意が必要。

一度でも褒めてしまったものは彼女がなんと言おうと、ずっと褒めてあげなければ「褒めたのはお世辞でした」と認めているようなものです。

彼女が否定したら「いやいや、それ最高だよ」と褒め肯定してあげましょう。

 

まずは、容姿を褒めるのは後にまわして、彼女が身につけている持ち物やアクセサリー、服などを優先的に褒め、その後は彼女の女性らしい気遣いや笑顔に立ち振る舞いなどを褒め、そして「声が可愛い」「目が透き通ってるね」「指が長いね」などと、身体的な部分を褒めていけばスムーズに褒めていけます。

しかし、あまりにも褒めすぎると「バカにされている」と彼女に思われ機嫌を損ねることもあるわけで、褒めるにしても手加減が必要なのは言うまでもなく気をつけるようにしょう。

 まとめ

褒めるにしても言葉で褒めるのと「へぇー凄い」と感心してみせることも相手の自尊心を刺激し彼女の自己肯定感も満足させることができ、彼女を褒めているのと同じ効果があります。

褒めて、感心して、褒めて、感心する。

これが彼女を褒める極意です。

 

↓あわせて読みたいおすすめ記事

 

www.dokusinn.tokyowww.dokusinn.tokyo

www.dokusinn.tokyo