独身男性応援ブログ♪

       恋愛・婚活・結婚・良縁・独身男性に向けた応援プロジェクト!

MENU

【婚活】婚活デートで割り勘を求める男性は女性心理を分かっていない♪

 

恋愛にはコストがかかります。

ドライブしたり食事をしたり

安く済む場合もありますが

女性と交際する為には、

それなりのお金を使うことになります。

男性が女性を金銭的に評価する場合

「金がかかる女だ」とか

「金がからない女」なんて言いますが

深層心理学的に、男性は女性にお金を使っているわけではありません。

男性は女性の周りにいるライバルとなる男性を意識して

ライバルよりも優位な立場を維持するために

女性にお金を使い「俺の方が君に尽している」と

深層心理で自分を誇示しているんです。

動物学的に男性はより多くの女性と生殖活動をして、

子孫を残そうとする本能があります。

しかし、生殖活動と子育てに必要となるお金が

際限なく湧いてくるわけでもないので

一回の生殖活動に使う資金は少なくして

子育てに使うお金も減らした方が

より多くの女性と生殖活動ができるわけですから

それが、男性が本能的に持つ

生殖のジレンマとなり

「デートを割り勘にしたい」と男性は思うわけです。

 

f:id:yamadakurara:20190629052000j:plain

女性は男性に経済力を求めます。

自分が贅沢をしたいためではありません。

女性はより良き環境で子供を育てるには

パートナーの経済力が必要であることを知っています。

 

男性に生殖活動費を含む生活費を男性に出してもらわなければ

安定した子育てができません。

だから女性は子育てに関する費用を

負担をできる男性でなければ

生殖活動(交際や結婚)を拒否します。

 

子孫繁栄は人間が本来持ち得ている本能です。

男と女の政略は違ってくるのは当然ですが、

男女のコストの差が恋愛に影響しているわけで

経済力がなくライバルとの恋愛競争に

コストをかけられない男性は

見栄や嘘で女性を獲得しなければなりません。

 生殖活動や子育てにコストをかけずに

↓不倫で、うまく立ち回っている男性もいます。

www.dokusinn.tokyo

妻と自分の子供にかける費用から、不倫する為の費用を捻出するわけですが、不倫は子育ての資金と相手女性が必要とする生活費を不倫相手の夫に負担させることができるので、自分は出さなくても済みます。

不倫する女性は、夫に生活費を出させておいて、余剰的な協力を不倫相手に求めます。

不倫相手の遺伝子が優れていれば、託卵なんて戦略を取ることも可能です。

女性が男性に生活費を求めない不倫であれば、不倫相手となる男性もコストカットが可能となり交際を受け入れるので、女性もワンランク上の男性と交際することも可能です。

しかし、女性が美人でライバルが多い場合は、不倫であってもライバルに勝ち女性との関係を維持するためにお金が必要となってくるので、男性も不倫と言えどもそれなりの出費をすることになったりします。

 女性は、自分の価値を感覚的に分かっています。

自分が思っている価値以下の対応しかしない男性をケチだと分類するわけです。

40歳の女性が20代の男性に「食事に連れて行って」とは要求しません。

20代の男性にとって40歳の自分は価値がないと知っているからです。

自分よりも価値の高い男性と交際したいのであれば、

「私が奢ってあげるから食事に行かない?」と誘います。

男と女の価値のバランスで、どちらが出費するかは決まります。

www.dokusinn.tokyo

 相手女性のレベルが低ければ、男性の出費も少なくてもいいわけですが、

婚活の場合は、男性が交際にかかる費用を出すのは常識となっています。

それは、結婚となると男性の経済力が必然的に必要となりますから、結婚を視野にいれた交際は、先々結婚するにしても、結婚しないにしても踏み絵のような感じです。

ja.wikipedia.org

結婚前に子育てに必要な資金を捻出できる男であるかないかを、踏み絵を踏ませることで試しているわけです。

婚活においてのデート費用の出費は、結婚の踏み絵なんですから、男性が踏まなければ女性は結婚しても意味がありません。

婚活デートで割り勘で支払いを女性に求めてくる男性に、結婚する価値も見いだせませんから、当然女性はその後の交際を断ります。

婚活では男性が交際における全ての費用を出す場合が多いので、デート費用をケチる男性は他のライバルとなる男性に負けます。

女性への出費を最小限に抑えようとする行為は、女性とのコストを減らしているように思いがちですが、婚活にかける費用を抑えるのは男性同士の婚活競争にコストをかけないと言うことなんです。

ライバルが徒歩で歩いているなら少し走れば勝てますが、ライバルがジェット機で飛んでいたなら、自転車で追いかけても、ジェット機に勝てる筈もありません。

女性のランクが上がるほど、乗り物を上げなければ婚活競争に勝てないわけです。

女性の価値が低い場合は、少し走れば勝てるかもしれませんし

若くて美人であるなら、ジェット機に乗らなければ勝てません。

苦労をするために、ただ単に貴方を支えるために婚活している女性なんかいないんですから、女性は貴方の生活を補助するボランティア募集に応募しているんじゃありません。

価値が低い女性であったとしても、カフェの飲み物さえも割り勘なんて事をしたら、女性から相手にされなくて当たり前なんです。

男女平等だとか、お互い大人で働いているんだから

「ここは綺麗に割り勘で」なんてことは通用しません。

婚活デートは将来の貴方と結婚する基準となる踏み絵です。

踏み絵を踏まなくても良い女性はいます。

しかし踏み絵を踏まなくても貴方を受け入れる女性は

自分の価値がないと分かっている場合だけです。

(容姿・家族・健康などのコンプレックス)

あとから、女性の価値を知ってから後悔しても後の祭りです。

真っ当な女性を獲得したいライバルは踏み絵を踏んでいます。

貴方もライバルを見据えて踏み絵は踏みましょう。

 

 

↓あわせて読みたいお勧め記事 

www.dokusinn.tokyo

www.dokusinn.tokyo