独身男性応援ブログ

       恋愛・婚活・結婚・良縁プロジェクト!

MENU

お金の使い方が下手な男性は、費用対策効果を考えた有効な使い方をすれば女性の気持ちも変わる♪

洒落たお酒を提供するバーを経営するママに恋をしました。

 

多忙な貴方の婚活を応援!スマホ・PCで簡単登録してお相手紹介待つだけ!


彼はバーに連日連夜通い続け自分の存在をアピールしました。

カクテルを何杯も頼みお酒を飲むあいだ、カウンター越しにママと少しばかりの会話を楽しみながら告白のチャンスを待っていたのですが、3ヶ月後にブルーのジャケットを着た初見の男性がお店に訪れカウンターに座りました。

ブルーのジャケットを着た男性はカクテルをママに頼むと、店のカウンターにいた5人の客と会話を楽しみ20分ほどで、自分の分と5人の支払いを済ませ店を出て行きました。

お酒

そらから1ヶ月後にブルーのジャケットを着た男性が久しぶりバーに来ました。

バーのママは毎日通っている彼を無視して、ブルーのジャケットを着た男性を嬉しそうに接客しています。

それから数回ほど店に来たブルーのジャケットを着た男性はママを口説き落としていましたので、毎日バーに通っている彼は良い気分がしません。

俺の方がこの店で金を使っているのに、ブルーのジャケットの男を上客扱いしたうえに交際まで始めるとはと悔しがりました。

彼とブルーのジャケットを着た男性の違いはなんでしょう?

ブルーのジャケット男性は店に通う手間を省きながら、効率の良いお金の使い方でママにうまく取り入りママのハートを掴んだのです。

毎日小銭を使うお客よりも、たまにしか来ないけど他人の分まで支払い帰って行く客。

五千円を30日使う月15万の売り上げ貢献する客よりも、月に一回来店して一日で3万円を使う客の売り上げ貢献度は12万の差があります。

しかし、ママが上客扱いし男として選んだのは3万を使う客でした。

 

昔、携帯の通話料が高額だったころの話。

とある男性は憧れの女性と少しでも通じ合いたいと毎日電話で話をして月に五万円の通話料を使っていました。

誕生日やクリスマスは電話代でお金を使っていたため余裕がありませんでしたが、5万円ほどの予算で彼女にプレゼントを渡していました。

おかげで憧れの彼女とデートやドライブに誘うことに成功しましたが、彼は1年後に突然現れた男性に彼女を盗られてしまいました。

新たな彼は30万ほどのバッグを彼女にプレゼントしていました。

新たな男性より日頃の電話代(年間60万)とデート費用にプレゼント費用を合計した金額と比べたら、彼の方が大金を彼女に使っていたのに、彼がフラれたのは何故でしょう?

女性は彼が電話代をたくさん使ってくれている事は頭では分かっていても、目の前で彼が支払いをしているわけでもなく実感はありませんでした。

女性を射止めた男性は、無駄なお金を掛けないようにしながらも、なにかあるときにはドカッとお金を使うことでライバルを蹴落とし自分を女性に印象づけたわけです。

それもライバルよりもお金をかけずにライバルに勝ちました。

女性に使うお金の費用対策効果を考えてたわけですね。

裏社会で生きる男性も、このようなお金の使い方をします。

口説き落とそうと思っている女性のアパートを訪問したとき、出されたコーヒーを飲み女性の話を聞きながら「そうか、そうか、元気ならいいんだ」と言い三万ほどテーブルに起き10分ほどで帰って行きます。

女性は驚きお金を返そうとしますが「一人暮らしで大変だろ、なにかの足しにしてくれ」と受け取りません。

普通の男性がディナーに誘ったりプレゼントをするよりも、ずっと効果的なお金の使い方です。

裏社会で生きる男性は、一瞬にして男気のある魅力的な自分を演出したのです。

 

 まとめ

一般男性はお金の使い方が下手です。

いつも女性にお金を使えば良いと限りません。

毎回デートで三万を使うよりも、普段のデートは費用をかけず、なにかの時に10万、20万を使う方が彼女の気持ちを引きつける費用対策効果はあります。

女性との交際には、ある程度のお金は必要ですが、効率の悪い使い方をしても意味がありません。

お金の使い方にメリハリをつけ、女性に男気をみせつけ惚れさせましょう。

 

多忙な貴方の婚活を応援!スマホ・PCで簡単登録してお相手紹介待つだけ!

 

↓あわせて読みたいお勧め記事

www.dokusinn.tokyo