独身男性応援ブログ♪

       恋愛・婚活・結婚・良縁・独身男性に向けた応援プロジェクト!

MENU

【婚活】2人の女性を愛してしまったら、どちらの女性を選ぶべきか♪

 

もし同時に2人のことを好きになったら2人目を選びなさい。本当に1人目を愛しているのなら、2人目のことを好きになるはずがないから。

これはジョニーデップの言葉なんですけど、答えは簡単ですね。

でも異論があります。

そりゃ1人目の女性で満足していたら2人目の女性を愛することなんかないでしょうけど、男性が秘めている本能的には間違いです。

男性は、ある程度のレベルを超えている女性であれば、誰でも愛せます

自分には勿体ないほどの女性(レベル80)と交際しているときに、可愛いなと思う女性(レベル70)が現れて誘惑されたら、男性は女性の誘惑を受け入れます。

俗に言う魔が差したですけど、男性は魔が差してばかりです。

こうなるとジョニーデップの言葉には当てはまりません。

1番愛しているのは1人目の女性で、2人目に現れ誘惑された女性ではないわけですから、2人目の女性を選んだ場合は後悔することになります。

もし3人目、4人目、5人目、6人目と女性が現れ愛してしまったら、誰(何人目)を選ぶべきでしょうか?

もしかしたら10人目に出会った女性が最愛の妻になる可能性もありえます。

でも、1人目の女性が1番妻にふさわしい女性だったかもしれません。

何人目の女性と結婚するのが最良の選択なんでしょうか?

 

ja.wikipedia.org

 

(ある事が起きる確率が以前の試行に影響されるが、有限回以前にさかのぼった回からは影響を受けないという確率過程)

 マルコフ連鎖を応用して、結果的に誰を選べば良いのかを確率論的に、より良い選択の可能性を導けば大きな失敗はありません。

f:id:yamadakurara:20190628032550j:plain

最初に出会った3人で1番良いと思う女性を後の女性を計る基準にするんです。

3人目までは、どんなに気に入ってもパスするわけですね。

そして4人目が、最初の3人のうちで1番良かった女性よりも劣っていたらパス。

5人目の女性も最初の3人のうちで1番良かった女性よりも劣っていたらパス。

最初の3人のうち1番良かった女性を基準に後の女性を計り選択の基準に当てはめていくんです。

そして最初の3人の中の1番良かった女性よりも、良いと思える女性が現れたら、そこでゴールです。

何人目に現れた女性が1番良い女性なのかは、未知ですからマルコフ連鎖に近い法則を応用しながら選んでいくと、大きな失敗から逃れることができます。

しかしながら、婚活サイトで紹介でもされない限り、このように出会える女性が次々と現れる可能性は低いので、普通に生活しながらチャンスを待っていたら女性を選べる余地はありません。

逆にチャンスが多いモテる女性が婚活で失敗する理由も、次はもっと良い人が現れるかもと思い続けて婚期を逃してしまうことです。

理論的にマルコフ連鎖を応用しようとしても、感情も欲もあるので現実的にはマルコフ連鎖を利用することは難しいと思いますが、女性は高望みせずに自分に近づいてきた男性の中から、マルコフ連鎖を利用して相手を選ぶのが最良のパートナー探しです。

男性の場合は、出来るだけ女性と出会える場所に身をおいてチャンスを増やすことで、婚活にマルコフ連鎖を応用できるようにしながら、パートーナーを選ぶのが悔いの残らない最善の方法です。

兎にも角にも、3人目以降に出会った女性が最初の3人よりも上の女性であれば、その女性を選ぶのが賢い選択です。

次はもっと良い人が、その次はもっともっと良い人がを繰り返していると、最後にハズレを引く可能性が大きくなります。

 

↓あわせて読みたいおすすめ記事

www.dokusinn.tokyo

www.dokusinn.tokyo

www.dokusinn.tokyo