独身男性応援ブログ♪

       恋愛・婚活・結婚・良縁・独身男性に向けた応援プロジェクト!

MENU

【婚活】50代男性の婚活相手となる40代50代の女性は勘違いしている♪

50代男性の婚活相手は40代50代女性が主流です。

50代の男性は30代の女性との結婚を望んでいることが多いですが

50代の男性も何ヶ月か婚活をしていると、

30代の女性から受け入れられない事を実感します。

年齢については妥協せざる状況に追い込まれると

40代50代の女性を希望するようになりますが

やはり、なるべく若く見える垢抜けた女性を選びます。

40代50代の女性で垢抜けた女性は

バブル期に良い思いをした女性も多く

今でも男性に大きな期待をしています。

f:id:yamadakurara:20190629052133j:plain

 

40代50代女性は結婚に向かない女性が一定数います。

理想が高く自分本位な女性は、バブル期に青春時代を謳歌した

50代女性に多く見られる傾向があります。

バブル期を基準とした理想が高すぎて自分本位な女性と結婚すると

気が休まるときはなく男性は苦労します。

バブル期の女性は着飾ることだけを考えて

自分の値打ちを上げることが全てで

男性から奉仕されることが女性の権利だと思っていました。

バブル期は男性にも余裕があり

お金の力で女性を口説いたりした名残なのかもしれませんが

いまだに現実を見ない女性は、

若い時に自分が持てはやされた感覚が抜けません。

時代は変わり男性の収入が減っているのに

余裕のない男性をゴミのように扱います。

まして自分が若さと言う武器をなくしていることさえも

忘れ去って身分不相応な対応を男性に求めます。

50代から60代男性の婚活になると

相手の女性を40代から50代にターゲットを絞る必要がでてきますが

この年代の女性は、少なからず景気の良かった時代を経験しています。

バブル期に幼かった少女でも親から高価な玩具を与えられていたり

家族旅行が海外だったなんて経験から得た感覚が

常識のように大人になっても残っていますから

当然の如く婚活をしても、その生活を相手に望みます。

男性にしてみたら、贅沢な女性だと思うかも知れませんが

彼女の経験からくる感覚からしてみると、贅沢は当然なんです。

今の20代女性は、男女平等と教育を受けていますし

子供の頃にも大きな贅沢を経験していませんから

割り勘でデートをするのも珍しくありません。

しかし、現在の40代から50代女性は

男性が女性に尽すのは当たり前だと思っていますから

割り勘なんて考えはありません。

彼女達の基準は、バブル期に男性(親)から受けた経験なんですから

基準に合わない対応を男性にされると男性をバカにします。

このような感覚を持ち得た女性の考えは変わりません。

たとえ彼女を満足させても

男性に余裕がなくなると女性の不満は爆発します。

金の切れ目が縁の切れ目になるんです。

50代60代の男性が自分の年齢に応じた相手となる

40代50代の女性を求めても

40代50代の女性はバブル期のような対応を

男性に求めているのですから

互いの気持ちが重なり合うことはありません。

 

麻布のレストランで食事をして

六本木のBARでカクテルを飲んで

ティファニーのネックレスをプレゼントされて

ポルシェで赤坂プリンスホテルまで行って

スイートルームでバスローブを羽織って

夜景をみながらワインで乾杯なんてことを経験しているので

未だに恋愛に対する認識が狂っていますから

そんな認識だと現代では、うまく行くはずがありません。

 

しかし、このタイプの女性は

堅実な女性よりも若作りをしていて

華やかな部分があるので男性は騙されます。

彼女らをターゲットとする50代から60代の男性も

華やかなバブル期を経験しています。

新卒でBMWやアウディを親に買ってもらうことも

珍しい事ではありませんでした。

自分が単なるサラリーマンであったとしても

会社の経費が使い放題だったとか、

取引先の接待で贅沢は経験していますし

平社員でもバブルに浮かれた周りに感化され

男性が軽自動車に乗っていたら笑いものにされた時代でから

バブルの恩恵を受けない男性も無理をして高級車に乗っていました。

 

50代60代男性もバブル期の女性を知っていますし

そのころに派手に女性と遊んでいた男のやり方が

正解だと思っている部分もあります。

そんな感覚が染みついている男性は

昔のように華やかさで女性を引きつけようと

昔のように高級車に乗ってみたり

ホテルの高層階にあるレストランを予約したりします。

そんなやり方で女性に対応すると

ますます女性は勘違いしてしまいますから

「今はそんな時代じゃないんだよ」

「自分の歳と容姿の価値を考えてごらん」

なんて事を女性に言っても、凝り固まった女性の価値観と

考え方を変えることは不可能で

「頼りない男性」だと一笑されるのが関の山です。

 

互いが結婚をしない選択をすると楽です。

しかし、いつまでも女性がバブルのような対応を求めていても

贅沢をさせてくれるような男性は

それなりの女性と結ばれて行きますから

バブル期のような対応を男性に望む女性も

いずれ現実を知ることになります。

でも、贅沢ができないのであれば

自分の条件に合わない男性と暮らすよりも

生活に困らなければ、独身でいた方が良いと考えるのも

この年代の女性の本音でもあります。

婚活をしていても、男性ほど切羽詰まった気持ちはなく

「良い男性がいたら結婚する」ぐらいの意気込みです。

こんな女性に男性が、ずるずる引っ張られては

婚活をしている意味はありません。

時間もお金も無駄になります。

これらの事が熟年の結婚が難しいと言われる一因でもあります。

男性が華やかな女性を求める気持ちがあればあるほど

このような女性の毒牙に悩まされ、悪循環に陥りますから

男性は的確に相手を判断すべきです。

男性自身も結婚に拘らず

楽しい老後を過せれば良いと考えるのであれば

このような女性と割り切って楽しく交際するのはありです。

子供がいたとしても、しがらみはありません。

しかし2人に絆などなく2人の関係は

男性の財布しだいで、お金が無くなったり

男性が病気になったりすると

彼女達は体裁の良い理由をつけて男性の元を去ります。

お互い様と言えばお互い様ですが、

結婚を選択に入れない50代男性の交際は

女性に有利で遊ぶだけの関係ならば

女性は男性に不自由しません。

寂しさを感じるのは後に残った男性です。

どうしても結婚したいと望むのであれば

バブル期を経験した女性でも

バブルを夢の時代だと認識している女性か

生活苦から抜け出したい女性にターゲットを絞るべきです。

世の中には色々な立場の女性がいて

シングルマザーで子供を育て上げ

子供が独立し独り暮らしとなった女性が

次に考えるのが自分の老後の身の振り方で

子供にお金を使い果たしていますので

自分の老後を考えると金銭的な不安が押し寄せます。

そこで、ある程度の収入が見込める男性と再婚することで

自分の老後の生活を守ってもらおうと

考える女性がいても不思議ではありません。

このような女性は40代50代でも贅沢は言いません。

女性の目的は残りの人生の安定なのですから

平均的な衣食住の確保さえできる男性であればいいんです。

バブルを夢見ている女性と比べれば

地に足がついた女性で、残る課題は2人が愛し合えるかです。

「私の生活の保障と引き替えに、好きでもない貴方の面倒を見てあげる」

なんて言われて、男性が受け入れることは精神的に辛いことです。

でも、バブル期の生活を夢見ている女性よりも

格段にハードルは下げられていますので

純粋な恋愛を経てからの結婚の可能性は高い筈です。

尽してもらって当たり前と考えている女性は見分けがつきます。

何回かデートで食事をしたら、1度や2度は女性が払ってくれたり

高価で無いけどプレゼントのお返しをくれたりする女性は、

男性に色々としてもらって当たり前だとは思っていません。

 

平均的な結婚を望む女性の考えは

ごく普通の真っ当な考えですから

貴方が住まいを確保していて、安定した収入と

老後の生活に困らないほどの貯蓄か年金があれば御の字です。

もちつもたれつの関係を望んでいる女性であれば

50代男性の結婚相手には理想の女性ですから

女性の派手さとか色気に惑わされることがないように心がけましょう。

 

 

↓あわせて読みたいお勧め記事

www.dokusinn.tokyo

www.dokusinn.tokyo

www.dokusinn.tokyo