独身男性応援ブログ

       恋愛・婚活・結婚・良縁プロジェクト!

MENU

【婚活】「彼氏いるの?」と聞く男性と「彼女いますか?」と聞かない女性♪

いいなと思った女性に「彼氏いるの?」と男が確認するのは何故か。

ゼクシィ縁結びエージェント

そして「います」と彼女が答えたら諦め身を引きます。

「いません」と言われたら自分が彼氏になれる可能性を探ります。

なぜ男性は、いいなと思った女性の彼氏の存在を気にするのでしょうか?

それは、彼女に彼氏がいたら、女性を奪い合う(労力)コストがかかるからです。

彼氏と自分が競り合い彼女を勝ち取れるとは限りませんから、無駄な戦いをするよりも他の女性を探した方が効率的だと考えるのが普通です。

f:id:yamadakurara:20190629043649j:plain

女性の場合は「彼女いますか?」と男性に訊く割合は少ないです。

なぜなら、男性に彼女がいてもいなくても、女性がその気になったら男性と付き合えることを知っているからです。

たとえ彼に彼女がいても、いなくても男性の本能的性欲で、一晩ぐらいは一夜を共にできるんですから、いちいち男性に彼女の存在なんか聞く必要もありません。

女性の場合は、とりあえず一夜を共にしてからライバルに打ち勝ち本命になれるように策略する方法もあります。

そもそも男性と女性では生殖にかけるコストが違います。

女性はエッチをして妊娠したら子供を産むコストと育てるコストがあり、エッチ後のコストは膨大ですが、男性はエッチをし子供を産ませたら逃げることも可能です。

しかし、男性はエッチをするまえにライバルに勝利し、女性を獲得するコストがかかるので、ライバルと競り合うコスト(手間・お金)を計算するため「彼氏いますか?」と女性に確認しているわけです。

彼氏の存在を意識しないで女性にアプローチする男性もいます。

それは、男性がライバルに負けない強い自信がある場合です。

女性の容姿(ランク)から付き合っている男性のレベルはある程度想像が付きます。

女性に彼氏がいたとしても、女性のレベルで自分がライバルとなる男性に勝てるか負けるかは想像が付きます。

たとえば自分のレベルが福山雅治や斉藤工であれば、女性に彼氏がいようがいまいが楽勝ですよね。

福山雅治や斉藤工が一般女性を誘惑するのであれば「彼氏いるの?」と聞かずとも彼女の手を取って「おいで」って言えばいいだけです。

彼らのようなイケメン有名人でなくとも、圧倒的な経済力がある男性も、自分の持っている地位や金で女性を獲得できることは知っていますから「彼氏いるの?」と女性に聞きません。

彼らのような男性は自信満々ですから、弱者である男性には容赦ありません。

「人の彼女を奪うようなことは倫理的に出来ないよ」なんてセリフは弱者の言葉です。

恋愛強者である彼らは、他の男性から女性を奪うことで自分が男性として価値が高いことを再認識して喜びを感じるんです。

最愛の彼女を彼らのような男に奪われた男性は、男の風上にもおけないゲスな野郎達だと罵りたくなりますが、女性の立場からも考えてみましょう。

恋愛は2人でするものですから、彼女を彼らのような男性に奪われたと言う事は、彼女が貴方を裏切ったことになります。

貴方は天秤にかけられ彼女に見切られたわけですが、女性は女性で「彼氏いるの?」と聞かれた時に「いるような、いないような」とか「いると思う?」なんて曖昧な返事で誘惑してきそうな男性の気持ちを測ろうとする女性もいます。

そのような女性は、交際相手のステップアップを狙っていて、隙あらば上の男に乗り換えようとしているわけで、真面目に彼女らのような女性と交際をしている男性は晴天の霹靂ですよね。

しかし婚活において、このような事例は当てはまりません。

安心してください。

婚活市場においては女性に言い寄ってくる男性は、みな同じレベルの男性です。

婚活は、女性の容姿・年齢に応じた男性がつり合いを考えアプローチをしていますから、貴方がこの女性ならと思う女性は、貴方と同じような条件を兼ね備えた男性がアプローチしています。

そりゃ最初のうちは身の程知らずな考えもあり、女性も高レベルな男性を狙うでしょうが、落ち着く先は女性のレベルに応じた同じような男性ばかりが残り、彼女を奪い合う男性は似たり寄ったりになります。

婚活での戦いにミサイル対ライフルなんてのはありません。

ミサイルはミサイル同士で闘い、ライフルはライフル同士で闘っているんですから、貴方にも勝算があります。

婚活をしている彼女らは、婚活で知り合い交際しているような状態であっても、常に彼氏がいるような、いないような状況なんです。

一生を決める伴侶探しですから、彼女達も必死で少しでも条件が良ければ、そちらになびいてしまいます。

その状況は、この男性と決め彼女が結論をだし婚約するまで続きます。

だから、婚活において男性側が身を引くなんて遠慮はいりません。

同じようなレベルの男性に勝つ方法は、時間の共有です。

彼女との時間をライバルよりも増やすことを考えましょう。

ラインでやり取りする時間、2人が顔を合わせ会話する時間が、ライバルよりも多ければ多いほど、彼女は貴方の事を身近な存在と認識していきます。

共有する時間は貴方を意識している時間です。

「おはよう」から「おやすみ」まで時間を共有できれば、ゴールは近いです。

 

そろそろ嫁さん、探そうかな・・・

 

成婚

↓あわせて読みたいお勧め記事 

www.dokusinn.tokyo

www.dokusinn.tokyo