独身男性応援ブログ♪

       恋愛・婚活・結婚・良縁・独身男性に向けた応援プロジェクト!

MENU

【恋愛】ケチな男性は女性に嫌われるので常識的な出費はするべし♪

ケチな男性は嫌われる。

遊びに行くのはお金のかからない公園。

まれに食事に行くと1円単位で割り勘。

2人が一緒にいる時間の殆どは、どちらかのアパートでテレビを観てるだけ。

そんな事を繰り返していたら女性は逃げ出します。

女性が離れていかない場合は、2人の目標があって2人の為にお金を節制している場合だけです。

2人の為の結婚資金とか独立資金を貯める目的であれば、どんなにケチろうと問題にもなりません。

ケチは無駄な出費を嫌いますが、女性に取っての無駄とケチな男性が考える無駄は違います。

女性は男性が自分の価値に見合っただけの出費をするのは当然だと考えます。

スーパーの店頭で、子供に100円玉を握らせ「ガチャガチャしてもいいよ」と言うのとは訳が違います。

子供には子供に見合った出費、大人の女性には大人の女性に見合った出費をしなければなりません。

「私も安く見られたものね」なんてセリフは「私を安売りしない」の裏返しです。

それ相応にお金を使い誠意を見せなさいってことなんです。

恋愛中の女性は感覚が優先していて恋をしている間は、シンデレラのように夢を見ていたい気分なんです。

貴方と行く少し洒落たレストランや誕生日に手渡されるプレゼントは、日常から離れたところにあるシンデレラストーリー。

f:id:yamadakurara:20190628032550j:plain

彼女も結婚したら、そんな夢ばかり見ていられないのは分かっています。

でもデートでラーメンを食べさせられたり、ドリンクは勿体ないからと水を飲まされていては、夢をぶち壊されているのと同じで「結婚前からこんな調子では先が思いやられる」と思って当然です。

でも、結婚したら彼女が財布の紐を握って「無駄遣いはするな」と言い出して結婚前と後では180度変わってしまうのが女性でもあります。

どうせ結婚したら贅沢はできないんだから、恋愛中ぐらいは贅沢な気分を味わいたい気持ちもあるんですから女心は複雑です。

恋愛中に女性が思う男性のケチとは、女性に出費しないことです。

男にケチだと文句を言いながらも、結婚したら女性もケチになるんです。

恋愛中のケチな男性は嫌われますが、結婚後のケチな男性はそれほど嫌われません。

掃除機とか洗濯機など、女性がおもに使う家電にかけるお金をケチると女性は怒りますが、無駄な出費をしないで仕事から帰ってくる夫は重宝がられます。

結婚後は恋愛中ほど妻が夫のケチを非難することはありません。

 

大企業勤務でも1年先にどうなるか分からない時代ですし、派遣社員とか契約社員が多くなったので、生活に余裕がない夫婦も増えました。

女性が思うほど贅沢な暮らしをしている家庭は少ないです。

恋愛中は少し夢を見て、結婚したら現実を見ることになります。

結婚してからは、女性と子供の為の出費を拒む男性をケチだと定義します。

子供にかける費用を第一に考え子育てを優先することになるので

結局は夫婦揃ってケチにならざる負えません。

だから女性がケチだと男性を非難するのは、

結婚前だけのことかもしれません。

 

男性が主導権を握ろうとするからケチだと言われます。

女性に「なに食べたい」って聞いて「イタリア料理」と答えたらイタリア料理を食べさせて男性が支払ったらいいんです。

そんなことを何度か繰り返すと「ファミレスのハンバーグが食べたい」って頭の良い女性であれば、男性に負担をかけないように気を使ってくれるようになります。

そうなったら、デートにお金をかけなくてもケチじゃありません。

もし女性が調子に乗ってデートのたびに「フレンチレストランに行きたい」「〇〇にある料亭がいい」とか言い出したら別れを考えれば良いと思います。

地に足がついてない女性と結婚すると、金の切れ目が縁の切れ目となりますから、彼女が贅沢な事を言い出したら、先手必勝で早めに縁を切ってしまった方が無難です。

 

 デートコースの決め方にもコツがあります。

上手くコースを組めば費用もかかりません。

www.dokusinn.tokyo

 お金の使い方が下手でケチに見えたりすることもあります。

上手なお金の使い方をすればケチには見えません。

www.dokusinn.tokyo

 

とんでもなくケチな男性がいるのも事実です。

婚活サイトで愛知の女性が東京の男性と知り合いデートしたのですが、待ち合わせで会った東京駅でパスモを渡され移動は電車と徒歩ばかりで、お昼に連れて行かれたのがもんじゃ焼きでした。

新宿御苑を散歩してから、男性の自宅マンションに連れて行かれて手作りパスタを食べることになりました。

デート前に男性から、IT企業の役員で年収は1200万だと自慢話を聞かされていたので女性としては素敵なデートを期待していましたが、パスタを茹でる彼を見ているわけにもいかず、料理を手伝い後片付けまでして帰るはめになり、まるで貧乏学生のデートのような1日を過ごしてしまい彼と会ったことを後悔していました。

男性としては「東京と言えばもんじゃ焼き」「新宿御苑は綺麗」「自宅を見てもらいたい」が理由ですが愛知から時間をかけ交通費を使って、東京まで行ってるのに相手の男性は私に5000円も使ってないと文句たらたら。

男性にしてみれば、誠意を込めた接待をしたつもりでしょうが、女性にしてみたらあり得ません。

中でも決定的だったのは、パスタを食べながら男性から見せられたアルバムの写真が全部1人で写っていたこと。

こんなケチな人は交友関係にお金をかけることもなく、友達もいないんだろうなと感じたそうです。

そして、結婚したら云々と言われても、女性としては夢も描ききれませんし自宅に戻った女性は速攻で男性を拒否しました。

 

女性も結婚したらケチになり、男性にもケチを求めるようになります。

でも、結婚前の男性が女性にケチでは女性は夢を描けませんから離れます。

恋愛中は多少の失費を覚悟しましょう。

 

↓あわせて読みたいお勧め記事

www.dokusinn.tokyo

www.dokusinn.tokyo