独身男性応援ブログ

       恋愛・婚活・結婚・良縁プロジェクト!

MENU

【婚活】40代男性の恋愛と婚活の堅苦しい考えを改める♪

40代の男性は30歳から50歳の女性にモテます。

ただし結婚を目的とした恋愛となると、40代男性は女性が思う将来設計から弾き出されてしまいますので厳しいのが現実です。

ですから、40代男性は結婚を女性に意識させないで、親密になってからプロポーズする戦略を取った方が結婚への道は近いです。

結婚を意識しない交際であれば、女性の多く集まる所に定期的に顔を出すことで、気の合う女性と出会うことも可能で、食事に行くぐらいなら比較的簡単に誘うことができます。

たとえば、趣味のサークルとかスポーツクラブ。

週に一度ほど顔を合わせる機会があれば、目線が合ったときに「こんにちは」と挨拶を交わすことから始めて、徐々に言葉数を増やして行けばいいんです。

5回か6回ほど「こんにちは」と声をかけて顔見知りになり、まず相手の警戒心を解いていきます。

帰りに目線があったら「さようなら」「おつかれさま」と声をかけて、悪い人じゃないアピールをしながら、相手が迷惑そうにしてないか、相手の声と表情を観察して、距離感が縮まってきているようなら、挨拶の言葉数を増やします。

「こんにちは、頑張ってますね」「さようなら、疲れたでしょ」

この段階では短めの言葉かけを心がけます。

まだデートに誘うのは止めておきましょう。

貴方の挨拶よりも女性が返す言葉数が増えてきたら、次の段階に進みます。

「こんにちは、髪型変えたんですね」と声をかけて女性が「少し切った程度ですけど」と答えたら「似合ってますよ」と女性を褒めるような言葉に切り替えて行きます。

ネイルの色を変えていたり、いつもと違う服装だったりしたら「爪の色かわりましたね」とか「今日は雰囲気ちがいますね」と貴女に関心があり一目置いています感をアピールしていきます。

そして、立ち話ができるようになってきたら、食事に誘えば上手くいくはず。

f:id:yamadakurara:20190629173224j:plain

空気を読み取りながら徐々に距離を縮めれば簡単な事なのに、男性は難しく考えすぎで、他にも「夜のお店の女の子はプロなんだからデートに誘っても無理」だとか言いますが、夜のお店の女性とデートをしている男性はいるんです。

そんな男性は、タイミングを見計らい誘うアプローチが上手いだけで、場の雰囲気だけで女性との交際に発展させています。

映画の話になったら、一緒に映画を観に行く提案をする。

観光地の話になったら、他にも良いとこあるから一緒に行こうと誘う。

どこどこのレストランが美味しいと言う話を聞かされたら、奢るから連れてってと言ってみる。

これらの誘い文句は、デートに行こうとか付き合ってくださいと口説いている訳ではありませんので、たとえ断られたとしてもフラれた訳ではありません。

もしOKを貰えたなら、それはデートをすることに了解を得られたのと同じですし、リスクなしで女性を誘うことに成功したことになります。

とりあえず話の流れを読んで誘ってるだけの事なんです。

要領が悪い男性は、「好きです。付き合ってください」と申し込んでから交際を始めようとしますが、口説き上手な男性は、先に実績を積み重ねていき気がついたら交際していた感じで女性と繋がります。

男性から大袈裟に交際を申し込まれたら、女性も重圧を感じ断ることも多いです。

しかし、食事や映画に行くだけの誘いなら、重圧など感じません。

流れで誘ってしまえば男性側にリスクはありません。

モテる男性は、いちいち女性に告白したり、自分の気持ちを伝えたりしません。

雰囲気と流れだけで女性を口説き落としているだけです。

女性に縁が無い男性は、アプローチ方法が逆です。

告白して了解を得てデートではなく、デートして親密になってから告白が正解です。

女性にとってハードルが高い結婚を前提とする交際は難しいですが、結婚を前提としない食事や映画などのデートであれば、比較的簡単に女性に受け入れて貰えます。

あとは、何回かデートを重ね関係を深めていってから告白したらいいんです。

女性の気持ちが貴方に傾き「好き」と言う気持ちが高ぶってきたら、40代男性の持つマイナス部分を女性の方で打ち消してくれます。

「いま結婚して子供を産んだら夫が60歳を超えてしまう」

「彼の年収や将来性を考えたら結婚はできない」

など女性が結婚の条件として考えるであろう事を相手に意識させずに、恋愛感情を先に抱かせてから「好きな人と一緒になる」と夢気分にさせてしまうほうがいいんです。

これらのことは、貴方が女性の立場になって想像してみることで、わかると思います。

35歳の男性と45歳の男性がいて、どちらかの男性と結婚しなければならないと考えた時、条件を並べて女性は比べます。

男性が勤めている会社の規模。

年老いた親が同居しているかいないか。

身長体重見た目。

将来性に誠実さ。

健康と体力。

子供を産むことを望む女性であれば、35歳以下の男性を選びます。

45歳男性の10年後、20年後に起こる得るリスクを回避できるお金と資産があれば、45歳男性を選ぶかも知れませんが、一般的に女性が結婚を意識する男性は35歳以下です。

子供が二十歳になったとき夫が老人では何かと不安ですもん。

子育てが終わったら夫の介護なんて想像もしたくありません。

貴方も彼女も子供を生み育てることを互いに望まない結婚であれば、わりと上手くカップリングできるかもしれませんが、通常は子供を産むことを望むのが女性です。

 

しかし、女性が45歳男性に惚れてしまっていたとしたら「愛する人と一緒になりたい」とも考える筈です。

愛していれば、なんとかなる筈はありませんが「なんとかなる」と人は考えます。

女性はリスクを避ける傾向にあり賭け事などは本能的に嫌いですが、愛に包まれてしまうと将来のリスクのことなど忘れてしまいます。

通常は「なんとかなる」とは考えないのに好きになってしまうと、脳内麻薬とも言われるドーパミンに支配されて冷静な判断ができません。

ドーパミンを分泌させることが出来れば若い女性との結婚も可能です。

そんなにドーパミンを分泌させる魅力なんて俺にはないよと言うのであれば、バツ1で子連れ女性が子供と自分の保証的な意味合いで新たな男性を探している場合もあるので、若い女性(美人)と40代男性のカップリングが成立している事例も多いです。

40代男性の相手選び

  • 結婚を意識させないで惚れさせてから結婚に持ち込む。
  • バツ1子持ち女性を責任を持ち受け入れる。

例外的に男性が妥協することで結婚する方法もあります。

  • 著しく容姿に劣るライバルの少ない女性。
  • 衣食住に対する考えが欠損している女性。
  • 国際結婚紹介所を利用する。

なにかと難しい40代男性の結婚ですが

一番理想に近い結婚ができるのは

女性に結婚を意識させないで、交際を深め惚れさせてから、

プロポーズして結婚に持ち込むのが最善の方法だと思います。

 

 

↓あわせて読みたいお勧め記事 

www.dokusinn.tokyo

www.dokusinn.tokyo