独身男性応援ブログ♪

恋愛・婚活・結婚・独身者の応援プロジェクト!

【笑恋】カップルで初詣に行くと別れる理由、それはジンクス?

 

カップルで初詣に行くと別れると言われるのはジンクスか。

全国各地にカップルでお参りすると別れると言われている神社があります。

出雲大社・明治神宮・厳島神社・江ノ島神社・門田稲荷神社・浅間神社・八坂神社・鶴岡八幡宮・伊勢神宮・熱田神宮などなど、もう書ききれないほどカップルで行くと別れてしまうと言われている神社があって、本当にカップルが別れてしまうなら、いっそのこと縁切り寺ならぬ縁切り神社にしてしまえばって思っちゃうほどです。

そもそも日本の神社に祀らえている神々は八百万ほどあって、皇室の祖神・偉人や義士の霊・狐や龍・山や石だったりします。

なかには怨霊を鎮めるために祀った神社まであって、知らない人は怨霊に願い事を叶えてもらおうと参拝するんですから、悪魔に「幸せになれますように」とお願いしているようなものです。

神社で願い事をお願いする事が一般化されていますが、本来は日々の感謝を神に伝えるところであって「昨年は無事に過ごすことができました。今年もよろしくお願い致します」と手を合わせ神に感謝を込め、お礼を述べるのが本当だと、お婆ちゃんに聞いたことがありますが、いざ神社へ行ってしまうと「宝くじが当たりますように」なんてお願いしてしまったりして、自分の煩悩が嫌になってしまう場合もあって新年から身が引き締まります。

で、話は戻りますが、なぜカップルで初詣に行くと別れてしまうのかですが、その理由を考えてみますとなんとなくわかります。

f:id:yamadakurara:20190629050741j:plain

カップルで初詣に行くと別れてしまう理由

昔は「僅かな賽銭ですむ初詣はお金もかからない安易なデートだから、そんな手抜きデートをしていたら別れるよねぇ」と思っていた時もありましたが、よーく考えてみますと、そりゃ初詣に行くようなときは、冬も本番で寒いったらありゃしません。

それも新年で芋洗のような、大賑わいのからっ風吹く神社ですよ。

場合によっては雪だって降るかもしれません。

人混みで本殿にたどり着くまで並ぶこと60分とか当たり前なんですから、身動きも取れない中、彼氏と彼女が手を繋いでいても、2人の頭の中は「寒い」と「まだぁー」なんて考えていて、辛くとも楽しい訳がないんです。

隣を見たら、彼女が寒さに震え尿意と戦っていたなんて事は洒落にもなりません。

真冬の初詣なんてのはカップルにとって苦行です。

そりゃ文句の一つも言いたくもなります。

でも、小声で話したとしても周りには沢山の人がいて、小声で話したとしても丸聞こえなんですから、彼女も彼氏に文句も言えませんし、彼氏も彼女の機嫌をとれるような甘い会話もできずに、2人は黙って寒さに耐えるだけです。

だから、有名で参拝者が多い神社がほど、本殿にたどり着くまでの寒さに耐えなければならない時間が長く、苦行を背負うわけで「カップルでお参りすると別れる」なんて言われるのも一理あり、噂が広まってしまいます。

カップルの初詣には携帯カイロが必需品です。

前もって温めておいたカイロを彼女の冷たい手に差し出すだけで、貴方の株は上がりますから、カイロを忘れてはいけません。

もしカイロを忘れたなら、近くにある自販機でホットコーヒーや熱いお茶を買って、彼女に「ほら、これを手に持って暖をとりな」と渡すと機転の効く優しい男を演出できます。

 でもでも、カイロの1つや2つで、初詣の寒さ対策は万全ではありません。

カップルで初詣に行くとなったら、有名所の神社は外して、小さい名も知れない参拝者が多くない神社の方がいいんです。

お正月であれば、小さい神社でも『お焚き上げ』とか『どんど焼き』などと言われる御札やしめ縄を燃やすための大きな焚き火をしていますから、2人でキャンプファイヤー気分で暖を取るのも風情があります。

そっと、お焚き上げの炎の中に、別れた彼女のラブレターを投げ込むのもありで、厄落としもできるんです。

うまくすると、地元の人が甘酒や善哉を配ってくれていて、おかわりを申し出ても、おめでたい席ですから「ひとり一杯!」なんて野暮な事も言われません。

気前の良い氏子がいる神社ですと、お神酒まで振る舞っていますから、ただ酒にもありつける場合もあるので、おつまみとなるスルメ持参で初詣なんてのも洒落ていますが、現地でおつまみを調達する場合は、気をつけておくべきこともあります。

それほど大きくない神社は参道にならぶ屋台も少なく、つまみとなるケバブとかターキーレッグはありませんが、たこ焼きとかベビーカステラの屋台ならあるので、それをつまみにお神酒を飲んで正月気分は味うことはできます。

ただし、問題はそれからです。

お正月はお正月料金なるものが存在します。

まぁ良からぬことを企てている男性や、新年早々2人で愛を深めようなんてことを考えてる人は、お正月であるがために、お正月料金になっていることを忘れてはいけません。

姫始めは場所にもよりますが、サービスタイムがなかったり、宿泊料金もお正月特別料金になっていたりして、お正月は何かと割高で、クリスマスが過ぎたから安いだろうなんて考えるのは大きな間違いです。

下手をしたら、部屋にある小さい冷蔵庫のドリンクまで値上げしてたりします。

もう部屋に入ってから、壁に貼られた料金表を見てビックリなんてことが無いように、入り口の料金表をチラッと確認する余裕も必要です。

することをしてから、彼女に「ちょっとお金貸して」なんて言ったら、正月早々、そりゃ彼女も嫌になって別れますよね。

 

これらの理由で、カップルで初詣に行くと別れると言うのは本当でもあり嘘でもあります。

ジンクスだと割り切ってしまう前に、彼女と初詣に行くときは、寒さ対策と正月料金対策だけはしておきましょう。

 

▽独身男性応援ブログおすすめ記事。