独身男性応援ブログ

       恋愛・婚活・結婚・良縁プロジェクト!

MENU

田口淳之介容疑者と小嶺麗奈容疑者は夫婦同然で内縁関係にあったとされる報道

大麻取締法違反所持の疑いで逮捕された田口容疑者は、KAT-TUNの元メンバーです。

所属していたジャニーズ事務所も2016年に脱退してから、個人事務所を立ち上げ役員として田口容疑者をバックアップしていたのが、一緒に逮捕された小嶺麗奈容疑者。

二人の関係は週刊誌にもスクープされており、田口容疑者がジャニーズを脱退する時には結婚の為かと報道されていた。

大手芸能事務所から個人事務所に移るときは、余程のことがない限り仕事が減る。

仕事が減っても自分の事務所であれば引かれるマージンも減るから、同じ仕事量であれば手取りは増える。

しかし、個人事務所の営業力がなくなると露出も減り単価もさがる場合が多く、他のタレントが売れているからといって独立しない理由のひとつでもあります。

元KAT-TUNメンバーと報道されたのも脱退してから活躍が見られなかったから、田口淳之介容疑者と報道しても「誰?その人?」となってしまう人が多いからなのだろう。

華やかな芸能界で夢に向かって田口淳之介容疑者と小嶺麗奈容疑者は、二人で手をとり頑張っていたはずの自宅兼事務所で二人は逮捕された。

二人が思い描いていた二人の計画は、思うようには進んでいなかったのかもしれない。

身長が高く容姿が一般人よりも優れていると認められても、飛び抜けた歌唱力や演技力、スター性があったタレントでもなくテレビのバラエティーで場を盛り上げる力もなかった。

小嶺麗奈容疑者も女優であったが、38歳で超美人でもないとなると個性派女優とならねばドラマにしても映画にしても使ってもらえなくなってくる。

そこで田口淳之介容疑者に夢をかけたのであろうが「入口出口田口です」のキャッチフレーズだけではダメで、そのあとのトーク力がなければ場がもたない。

二人は過去に著名な作品に出演し一度はスポットライトにあたった人であるから、つねに注目されていたいとの承認欲求に対する不満から大麻を所持し、大麻取締法違反容疑で逮捕されたのかもしれないが、一般人が落ち目になったからと言って大麻を吸ったりはしない。

「元KAT-TUNの田口淳之介」とか、「3年B組金八先生にでていた小嶺麗奈」

など過去の栄光にすがってタレント活動するには、芸能人のブライドを捨てなければできないことで一般人が想像する以上に不本意なことだったのだろう。

二人は不倫関係でもなく住まいを共にし内縁関係であったが、なぜ入籍して結婚をしなかったのであろうか?

田口容疑者の仕事に影響すると考えたためなのか、今までの人気にすがろうと考えてのことであれば、KAT-TUNを脱退したときに入籍しタレントとして方向転換しなかったことが悔やまれる。

田口容疑者に夢を託した小嶺容疑者、小嶺容疑者の期待に応えようとした田口容疑者。

ホンの少しの不満を消し去るなら酒でも良いし、他に娯楽はあるはずなのに逮捕されるリスクを冒してまで、ましてイメージで仕事をスポンサーにもらう仕事で、人気商売であるのに・・・。

 

ポイント ☆元〇〇と言われないよう、成長しなければ芸能界は愛の方向も狂ってくる。