独身男性応援ブログ♪

恋愛・婚活・結婚・独身者の応援プロジェクト!

【論調】マスクをつける女性の心理は意味深♪

マスク女子が異様に多い日本。

中国の武漢で集団発生した新型コロナウイルスによる肺炎でマスク不足が深刻化しています。

武漢は鉄道駅も空港も閉鎖され深刻さを増して、新型コロナウイルス対策で、皆がマスクを求め品薄状態となっていますが、そもそも中国のマスク依存度は低く日本ほどマスクが定着しているわけでもありません。

中国のマスク需要は予防が目的なんです。

なんでもない日常で、日本ほどマスクに依存している国は珍しく、外国人が日本を訪れた時に、多数の日本国民がマスクを着けていることを異様に思い「伝染病が蔓延しているのか?」「日本は医者ばかりなの?」と疑問を抱くそうです。

そもそも日本人のマスク着用率が、なぜ高いのか、日本人の心理を読み解いてみましょう。

日本のマスク使用は大正時代に始まりました。

『工場マスク』言われ、近代化に向かう中で工場の粉塵除けとしてマスクが使われれ出したのが最初です。

そして大正8年にインフルエンザが流行し一般人もマスクを着用するようになると、マスクメーカーが続々と日本に登場しました。

マスクが登場したころの大正時代は、インフルエンザに限らず、天然痘や結核など不治の病と言われる病気があったわけで、平均寿命は50歳ほどでしかなく、人がコロコロ死んでいた時代ですから、感染予防に神経質になって予防のためにマスクを着用することが広まったようです。

しかし、天然痘や結核で死ぬことが稀になった現代で、インフルエンザ予防や花粉症の為にマスクを着用しているとしても、日本のマスク着用率は海外に比べ異様な多さです。

電車を降りて周りを見渡すと、すべての人が、マスクをつけていたなんてこともあります。

車で走っていて対向車見ると、多くのドライバーが、ひとりで運転しているにも関わらずマスクを着用していますから、不思議に思います。

f:id:yamadakurara:20190629052000j:plain

日本は監視社会なので、人の目を意識してマスクを着用する。

田舎の場合は近所に口煩いオバサンがいて、隣の娘さんが、朝何時に家をでて、何時に帰宅するのか把握しているのが当たり前だったりして、家族構成から親戚まで知っていたりするんですから、どこで見られているかもわかりません。

洋品店で派手なスカートを買っていたとか、男の車の助手席に乗っていたなんて、なにかにつけて言われたりするので、人の目を気にする人や自分に自信がない人は、マスクで顔を隠したくなる気がするのも分かる気がします。

職場でも戸惑う姿を見られたくありませんし、上司や同僚に声をかけられるのも面倒なので、自己を守り他者と一線を引くため、マスクという仮面をかぶろうと思う心理もあります。

慣れもあるでしょうが、最初はマスクなんて顔につけていたら、違和感があるわけで、なにがしらのメリットがなければマスクはしません。

頭髪が薄いのを隠すために帽子をかぶったり、視力を補正するために眼鏡をつけるのは、各個人にメリットがあるからです。

本来のマスク利用は、感染予防と感染拡大を防ぐ、花粉に粉塵や埃などを吸い込まないためでありましたが、その他のメリットを抜き出してみましょう。

  • ニキビを隠す。
  • スッピンを隠す。
  • 顔の乾燥予防。
  • 保湿効果。
  • 小顔効果。
  • 喉の保湿。
  • 口臭予防

このような理由がマスク女子の着用理由でしょうが、ニキビを隠すと保湿効果はマスクの擦れによる肌の悪化もありますし、長時間着用は細菌を増やすことにもなりかねません。

やはり心理的な理由で、多くの女性がマスクを着けているんです。

  • 対人恐怖症。
  • 自分に自信が持てない。
  • 他人と関わりたくない。
  • 容姿のコンプレックス。

そして、この中で重要な心理的ポイントとなってくるのが、対人恐怖症と容姿のコンプレックスです。

マスクをしたメイクで、自由自在に変身して話題になった、タレントのざわちんさんを思い浮かべてください。

マスクで鼻と口を隠してしまえば、メイク一つで、どんな美女にでもなりきっていましたよね。

目と眉だけなら、鼻と口のバランスなんで関係ないんですから、どんなに不細工でも美人になれます。

女性の顔の中で、どのようにでも誤魔化せるのが目と眉です。

小さい目で一重だったとしても、垂れ目であろうが吊り目であっても、アイプチ・カラコン・アイライン・コンシーラー・アイシャドウ・つけまつげ・マスカラでどんな目でも作れますから、マスクしちゃえば美人の出来上がりで、容姿のコンプレックスを吹き飛ばしてしまえば、対人恐怖症も克服できたりします。

しかし、マスク女子のマスク着用心理は奥深く意味深です。

マスクは予防だけでなく、心理的なサングラス効果があります。

サングラスを日本で広める切っ掛けを作ったのは、レイバンのサングラスをかけパイプを咥え終戦の日本に乗り込んできたマッカーサー元帥です。

だれもがマッカーサー元帥が部下をひきつれ、日本に来た時の写真を見た覚えがあると思います。

ズタボロにされた日本人の目には、恐ろしくカッコいい青鬼に見えたかもしれませんが、その印象が心の奥底に残ったには違いなく、その後の日本でレイバンのサングラスが流行したのも、マッカーサー元帥のカッコ良さや強さへの憧れであったわけです。

それから時代が流れても1980年前の不良達が、サングラスやマスクをつけて顔を隠していたのも、自分の実力以上に相手を威嚇するためであったように、マスクとサングラスは他者と一線をひき威嚇する道具でもありました。

近頃増えてきた黒マスクに恐怖を感じる人もいるはずです。

そもそもマスクをしていると表情が読み取れません。

目の表情だけで相手の心理状態を読み取らなければならず、相手がどんな人であるか、何を考えているのか、自分に好意的なのか敵対的であるのかも、相手がマスクをしていると判断する情報が限られてきます。

イオンが従業員の「マスク着用原則禁止」を通達したのも、そのような意味合いもあって接客する立場の者がマスクを着用していては、客の中に不安を感じる人もいるわけです。

しかし、子を持つ親が子供を守るために職場でインフルエンザに感染するのを予防する権利だとか、中国人客が多い商業施設では新型コロナウイルスの影響があったりして、マスク着用は現在強制されていません。

日本におけるマスクの着用目的。

マスクはインフルエンザとか花粉症に新型コロナウイルスの予防的意味合いで使われているわけでもないんです。

サングラスのようにマスクをすることで顔を隠して、他者との接触を避けている部分もあります。

ちょっとした知り合いを街で見かけても、相手がマスクをしていたら声をかけにくいですよね。

顔を隠すのは変装でもあります。

芸能人が帽子を深々とかぶり、サングラスにマスクをして街を歩くことがありますが、自分が知らない人でも相手は自分を知っているわけで、声をかけられたりするのを避けたい心理があるわけですから、自分が誰であるかを隠さなければ、めんどくさいことになりかねません。

このような理由から、鼻と目を隠し目だけをメイクし美人に変身する目的よりも、他人との関りを避ける心理が大きいのが、マスク女子のマスク着用心理です。

季節を問わずマスクを着用している女性は、打ち解けるまで時間がかかります。

もしマスクで人から距離を取ろうとしている女子と知り合ったら、強引なアプローチは避け徐々に愛を深めるようにしましょう。

 

▽独身男性応援ブログおすすめ記事。