独身男性応援ブログ♪

       恋愛・婚活・結婚・良縁・独身男性に向けた応援プロジェクト!

MENU

ヒロシさんが再ブレイクしたソロキャンプは独身男子の癒しなのかを考える♪

ソロキャンプが流行っている。

あのヒロシさんもソロキャンプで再ブレイクした。

 

ソロキャンプで再ブレイクしたものの

TVの取材などで、番組スタッフも多く仲間もできて

近頃は、ソロではないけど

ソロキャンプとして取材を受けているそうだ。

1人で孤独を楽しんでいるのかと期待したので損した気分。

しかし、彼は47歳で未婚。

なんだか安心した。

ヒロシです。

ヒロシです。

ヒロシです。

 

ソロキャンプのイメージは、仲間に気を遣うこと無く、1人で自由気ままに自然を楽しむものかと思っていましたので、彼は元々、独身で一人暮らしなんだし、家にいても元々一人でソロなのに、虫が飛んでいる夏や雪が降る冬に、わざわざ外で寝なくてもといいのに思いましたが、女には分からない良さがソロキャンプにはあるのでしょう。

 

にしても、巷で流行っているのは一人で孤独を楽しむソロキャンプ。

そのソロキャンプで注目を浴びているのはヒロシさん。

独身のヒロシさんは、ますます結婚から遠のいてしまうのではないかと少し心配になりますが、ヒロシさんは一人でいることが好きなのかな?

そう言えば車中泊なんてのも流行っていて、夜になると道の駅や高速道路のパーキングにはキャンプ仕様の車が多い。

それも軽自動車で一人用のキャンプ仕様車まで販売されている。

一昔まえのキャンプと言えば、大勢の仲間や家族で楽しむものであったけど、2015年の国勢調査では50歳男性の23.4%、50歳女性の14.1%は一度も結婚歴がないそうで、生涯未婚率も格段に上がりお一人様が格段に増えた。

派遣社員が増えに増え厚生労働省の2017年の統計では、20歳から24歳の男性の33.4%が非正規であるのだから、そりゃ結婚を諦めてソロキャンプにも行きたくなるかもって考えてしまう。

あげくの果てに、自民党二階派桜田義孝前五輪相69歳が「子供を三人産むように」なんて事を発言し叩かれるしまつで、ここまで国が少子高齢化の危機を大した対策もせず放置してきて子育てできる環境も満足に整えてこなかった今、他人事のように「子供を産め」と、どの立場でどの口が言っているのだと女の私は思う。

ソロキャンプで「究極の自己中を楽しむ」とか「男のロマン」だとか「誰にも邪魔されない自然の中で気ままに過ごす」ってキャッチフレーズが生まれてきた背景には、国がマスコミを使って少子化と派遣社員増加の原因である大元を誤魔化し未婚率の増加までも有耶無耶にするため裏から手を回しているのかと、いらぬ想像をしてしまう今日この頃。

もともと日本は江戸時代から農民や町民までもが、盆栽を育てたり金魚を飼ったり、花を生けたり、小唄都都逸まで庶民が楽しんだ文化がある。

ヨーロッパの庶民にそんな文化があったであろうか?

ヨーロッパの文化は貴族のものだ。

日本には夜這いという文化までもあった♪

国がふらふらしていても、国民はそれなりに楽しみを見つけるのかもしれない。

それが現代のソロキャンプ流行の元かもとヨコシマな目で語ってみました。

 

それにしてもヒロシさん楽しんでますね。

私もソロキャンプに行きたくなっちゃいました。

 


BUSHCRAFT IN JAPAN #2 Makingcharcross&Overnight

 

 

 

自民党細田派の加藤寛治衆院議員(72)
自民党細田派の加藤寛治衆院議員(72)
自民党細田派の加藤寛治